読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この漫画が面白い!~私的漫画の勧め~

リィンカーネーションの花弁(現行3巻)

f:id:lilium0228:20151115001607p:plain
リィンカーネーションの花弁 1 (BLADE COMICS) | 小西 幹久 | 本 | Amazon.co.jp


他人を妬んだり羨んだり…もっと自分に才能があれば。
そういうことを考えたり悩んだりは誰しもが一度は経験すると思います。
嫉妬深い人、才能を渇望する人には堪らない作品。
(そういう人ほど主人公に共感出来ると思います)

私のリィンカーネーションの花弁との出会いはとある本屋さんでこの表紙に目を惹かれました。
直感的に「この漫画は面白そうだ」と思い購入に至ります。

概要は簡潔に言えば歴史の偉人(悪人)の才能を使った能力バトル物。
2巻からの展開が好きですね。
異能バトル物の中では異彩を放つ本作品、好きな偉人とか出てきたらそらテンションも上がります。
悪人も登場するのでかなり幅広く「こんな奴がいたのか」とか「こんなマイナーな奴まで出るの?!」等など。
気になった偉人(悪人)を調べてるだけでも楽しいですね。

表紙でビビッと来た方、あと嫉妬深い方は是非とも手に取って頂きたい作品。

同作者の素足のメテオライトも買わないとな~。





惑星のさみだれ(完結済/全10巻)

f:id:lilium0228:20151115001931j:plain
コンビニ本で数巻分をまとめたものが発売されたのを機に購入しました。
今も尚定期的に読み返したくなる作品です。


あらすじ(wiki引用)
主人公の雨宮夕日は、ある朝、言葉を喋るトカゲから世界を救う騎士の1人として選ばれたことを告げられる。最初は無関心な夕日だったが、敵である魔法使いが生み出した泥人形の襲撃を受ける。死を覚悟したその時、守るべき姫である朝日奈さみだれに救われ、更に常人ならざるさみだれの気概に触れたことで彼女に忠誠を誓う。ここにひとつの主従が生まれ、この時から夕日の戦いが始まった。
惑星のさみだれ - Wikipedia

こいつも異能バトル物になります。
あらすじはwikiから引っ張りましたが登場人物欄とかネタバレ満載なので少し読もうかな?って考えてる人は見ない方が良い。

個性豊かなキャラクターと緊張感溢れる設定も今までにないものでその辺りで惹かれました。惹かれるような台詞も多い。
主人公…雨宮夕日は朝日奈さみだれに命を救われます。その時のやりとり…夕日がさみだれに忠誠を誓おうと決意したシーンとか最高です。背筋がゾクゾクッと来ましたね。
最終巻とかもう涙物ですよ(飽くまでも私的な感想です。)
勿論合う合わないはあると思います。4巻辺りまで買って読んでみて、続きを読みたいか否か…で判断されるといいでしょう。

あと同作者好評連載中のスピリットサークルもめちゃ面白いよ!!(露骨な宣伝)

www.amazon.co.jp





以下略(現行1巻)

f:id:lilium0228:20151115002529j:plain
以下略 | 平野 耕太 | 本 | Amazon.co.jp

ヘルシングドリフターズでお馴染みの平野耕太先生の作品。

ダメ人間の、ダメ人間による、ダメ人間の為の漫画である。
未だかつてここまで好き勝手描いてる漫画が存在しただろうか(褒め言葉

あまりにも濃厚なネタの数々。
というか先生ネタの引き出し多過ぎませんかねぇ…(震声)

年齢層を言えば20代後半から30代後半くらいなのだろうか?
ゲーム大好き!アニメ大好き!って人には堪らないだろうが逆に嗜んでない人には微妙だと言えよう。
あとヒラコーのノリが好きかどうか。
というかヒラコー大好きな人は持ってるに決まってるよね!

作品の雰囲気を例えるならばコミックの最後の方のおまけページのノリが終始続く感じ。

葛(屑)な人には是非とも読んで頂きたい漫画です☆(ゝω・)vキャピ




他にも色々とありますが気が向いた時にでも紹介していきたいと思います、それでは!