読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VenusBlood -RAGNAROK- 攻略その10-2 超高難易度に向けての編成例

前回の続きの記事になります。(まとめ直してみて、ガバに気が付くこの有様。)

f:id:lilium0228:20170304154812j:plain

医療系 平等治癒40、絶対治療、解毒治療 継続ダメージ 火炎砲弾33、大火炎陣57、大水流陣6、大神術陣7、大魔術陣40
攻撃無効系 遠距離無効 結界系 対術結界105、対術反射40
活性・布陣 魔族活性70、炎霊活性10、師団活性36、火属活性19、師団指揮22、防御布陣10 その他 戦術妨害60、戦術補助160、狂奔の牙27

見直せば見直す程がばがばな師団その1、ステータスで殴り勝ってる感が否めない。スルトが対術反射40持ちの為、楓に称号で対術結界60付けて、好きな杖を装備させるのがよさげ。ロキは称号見直しで指揮重視の方が強いでしょう。


f:id:lilium0228:20170304161252j:plain

医療系 全体治療8、解呪治療、解毒治療 継続ダメージ 大火炎陣67、大魔術陣12

|

攻撃無効系 全域無効、十字無効、側面無効 結界系 対術吸収50、対術反射15、対術結界100
活性・布陣 神族活性111、炎霊活性50、飛行活性108、騎士活性35、防御布陣69、騎士指揮22、師団指揮10 その他 狂奔の牙15、魔族弱体55


見直せば見直す程がばがばな師団その2、同じく活性盛って圧倒的ステータスで殴り勝つ師団。これだけステータス盛ったら平均ステ500~800くらい。範囲無効系と活性は十分なので、治療系とか結界系見直したらかなりマシになりそう。後日調整して上げ直します。
f:id:lilium0228:20170304162905p:plain


f:id:lilium0228:20170304162957j:plain

医療系 全体治療40、絶対治療、解毒治療 継続ダメージ 火炎砲弾3、雷撃砲弾5、魔術砲弾8、大火炎陣6、大雷撃陣81、大毒気陣15、大神術陣14、大魔術陣12
攻撃無効系 範囲無効、側面無効、遠隔無効 結界系 対術結界90
活性・布陣 女性活性50、魔族活性20、竜族活性10、雷霊活性38、雷霊指揮20、速度布陣25、知力布陣6 その他 狂奔の牙18、速度弱10、魔族弱体30

Wikiの反撃師団。上記炎霊師団の月天をウィルムドルイドに持たせれば対術結界100に。


f:id:lilium0228:20170304163859j:plain

医療系 平等治癒15、魔族医療10、解呪治療、削減治療 継続ダメージ 大火炎陣50、大毒気陣30、大神術陣5
攻撃無効系   結界系 対術結界100、対術吸収25、戦術結界40
活性・布陣 魔族活性10、死者活性80、師団活性25、闇族活性30、死者指揮15、防御布陣10、速度布陣4 その他 愚者の嘘4、防御弱体40、行動阻害2、行動増加1

愚者の嘘4が光る死者師団。ウルルは最終的には極夜を着せて愚者5の運用を目指したい。範囲無効系がない為、相手によってはしんどいかもしれない。そんなのを差し引いても愚者の嘘4は恐ろしい程までに強力。


f:id:lilium0228:20170304164938j:plain

医療系 全体治療45、絶対治療、 継続ダメージ 大火炎陣28、大雷撃陣10、大毒気陣34
攻撃無効系   結界系 対術結界87(85+15)、対術吸収30、戦術結界35
活性・布陣 蟲族活性46、師団活性40、蟲族指揮10、防御指揮10、防御布陣30、知力布陣20 その他 報復の牙10、狂奔の牙10、師団弱体76、バリアー9、城壁構築766、城壁崩し125

蟲族師団。こちらも範囲無効系持ちが居ない為、最終ステージ付近になると少々きつい。バルバタウロスといった単体で対術吸収100にできガーダーもこなせるようなユニットも居るので、そいつとギグスを入れ替えた場合はペストールの枠が空くので調整が利く。



まとめ直して解るガバガバ編成に10周を超えて漸く理解する対術吸収や対術反射の仕様変更等至らないことが多い。
今やってる難易度を終えたら師団編成を全体的に見直すので、また機会があればまとめ記事を作成したいところ。

やはりVenusBloodシリーズの面白さは編成の自由度でしょう。特に今作のVBRに至ってはアシストスキル等の導入でより自由度の高い編成が可能になったと思います。勿論強ユニットでガチガチに固めるのもよし、好きなユニットを使って師団を組んでも割とどうにかなってしまうのがVBシリーズの強みなのかなぁっと感じますね。
私のような素人の編成でも超高難易度の攻略は可能ですし、本当にやりがいのあるゲームです。

編成に悩んでる方へ。この記事が1編成例として、少しでも参考になればと思います。